今日の村田満
<   2011年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
8月29日 安曇川
釣行日  2011年8月29日 
県 名  滋賀県 
河川名  安曇川広瀬 
釣 果  12~16cm 103尾
仕掛け  グラスリ95 フロロ0.1号 スピード6.5号4本イカリ 
水 況  平水 

 マスターズ鮎の2日間、ずいぶん、16名の選手の釣りを見て、勉強になりました。
 まずは、小澤流の背バリです。オトリが川底に入って野アユによく追われる。2位の矢吹流の立ち位置で、やりにくい方からサオを出す。3位の山本流の泳がせ、タルマシ釣り、同じく有岡流の川歩き。バトルの浅川流の長竿。
 午前9時から、広瀬の瀬肩に立って、背バリの泳がせ釣りで、ポロポロ、1時間12尾。正午までに42尾。昼からは、水深1mほどのトロで、ポツポツ。午後5時までに、53尾。あと5尾で百尾。当然、一番よく釣れる可能性のある所へ。浅い瀬肩へ。オトリを出すなり、ガツンですが。プツンと高切れです。6時までの1時間プラス8尾。


今日のひと言  
  ほんとうに 誰が自分の 手本かナァ
    負けた選手も よい釣りしたよ(金沢、上田、岡林など)
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-30 09:36
8月26日 長良川
釣行日  2011年8月26日 
県 名  岐阜県 
河川名  長良川郡上越佐橋 
釣 果  15~20cm 5尾
仕掛け  グラスリ90 メタル0.05号 スピード6.5号4本イカリ 
水 況  30cm増水 

 第25回ダイワ鮎マスターズ2011の会場下見をする。
25日にドシャ降りで、大増水、赤濁り、ウインドパーク下流の試合会場は入川できません。そこで、白鳥町の上流に会場を移したのです。
果て、うまく行くのか。午前9時、会場7番の新越佐橋のセキかみのトロに入る。右岸から、少し濁りのある中にオトリを出す。水温17度。30分間ほど、腰まで浸かって、岩の裏のタルミで引き上げると、コツンとくる。
 「釣れた」で、サオをあげて、抜いて取り込んだのは白い15cmのアユでした。キビシイ。オトリを替えて、セキの近くまでくると、ドカンです。18cmの黄色いアユがくる。それも4連発。よく引く。オモシロイ。


今日のひと言  
 次の日 7番でやる 小澤-上田
    1尾差で勝った 小澤が優勝する
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-29 10:54
8月23日 野洲川
釣行日  2011年8月23日 
県 名  滋賀県 
河川名  野洲川土山 
釣 果  15~22cm 55尾
仕掛け  グラスリ90 メタル0.05号 スピード6.5号4本イカリ 
水 況  10cm高 少し濁りあり
 
春日神社のオトリ売り場に、釣り人5名いた。その中のひとりが「6.3mのサオで、荒瀬専門にやる」と、「入れ掛りになる」と、土山釣法を教えてくれる。
 午前7時、いつもの岩室橋のかみの早瀬へ。右岸に渡ってやり出すが、なかなかオトリが替わらない。石の色も悪い。やはりアミ入れで、荒瀬にしか残っていないのか。ところが、カニ横で、オトリをナナメに引くと、コツン、グーと掛ってくる。15cmの白い小さなアユ。サット取り込んで、オトリを替えて、カニ横やると、ドンと18cmがくる。この18cmを持って、かみの荒瀬へ。ここでもポツポツ。22cmの大型もいましたが、カズは10尾ほど。
 よく釣れたのは、車で行けない遠くのポイントでした。


今日のひと言  
55尾 足で稼いだ 見事な鮎
     ナメたらアカン スレてかしこい
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-25 11:13
8月21日 名張川
釣行日  2011年8月21日 
県 名  三重県 
河川名  名張川新町橋下流 
釣 果  18~22cm 4尾
仕掛け  グラスリ95 メタル0.05号 スピード7号4本イカリ 
水 況  10cm増水 濁アリ。

アユバトル、参加者60名、ABCに分かれて、10位タイが2回戦へ。ぼくはC組の1番で、20名の中で、1番にオトリをもらって入る。午前6時30分から3時間、北出潜水橋しもの瀬肩左岸で粘る。なんと、終了5分前まで、アタリなし。5分前にピリッとアタリ、コツンと掛ったのは18cmの白いアユ。引きは弱い。抜いて、受けてオトリを替えて出すと、またトンとアタリ。待っているとゴッゴッ、グー。あげたのは20cmの黄色いアユ。時計を見ると、9:28で、そのまま2尾を友舟に入れて、集合地点へ走る。1尾以上釣った者が2回戦へ。ぼくは、午前10時からの2回戦も名張大橋しもの瀬肩でゼロ。残り15分で下流へ。入れ掛り15尾の中里さんの向いで2尾。



今日のひと言
  決勝戦 スベッテ出れず 残念だ
      ヤル気満々 どこにぶつける
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-23 11:06
8月21日 有田川
釣行日  2011年8月21日 
県 名  和歌山県 
河川名  有田川ダム下流 
釣 果  13~22cm 55尾
仕掛け  スピード6.5号4本イカリ 
水 況  5t放水。10cmの減水。

 課長、よく飛ばすナァ。
富山庄川から和歌山有田川へ行け!
 ドシャ降りで、釣りができないから、できる有田川へ。
言うは簡単ながら、いざ実行となると、クーラーのないサニーのトラックで、約500kmの走行は、あつい。
 午前6時、新金屋橋の岡本オトリ店へ。土曜日で、人が多いというので、30分間のくりあげ。課長命令にうつむいて笑う。5―19時の釣りができる、のが理想。理想が実現できる。一歩近づく。来年のDVDの撮影です。
 橋しも左岸の瀬肩から、2時間で23尾。次に、白石の瀬へ。ここは人だらけ、3時間で15尾。午後2時から、平野吊り橋上下で、大型を狙う。22cmあげる。17尾。合計55尾。


今日のひと言  
  使うサオ 黒いままではわからない
    ヤナギの下の 大アユ狙い(見れば正体わかる)
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-22 11:55
8月18日 庄川
釣行日  2011年8月18日 
県 名  富山県 
河川名  庄川なかた橋 
釣 果  13~20cm 92尾
仕掛け  グラスリ95 フロロ0.125号 スピード6号4本イカリ 
水 況  10cm増水。

 大阪から350kmで5時間、庄川は遠い。しかし、来ただけの値打ちはある。課長が真黒な顔で、「ムチャクチャ釣れる。」と待っていた。午前10時、橋かみ右岸の瀬で始める。18cmの天然オトリ、瀬の波立ちの下に、沈めるなりコツンです。掛かった、であげると、ツーツーと逃げる。
 よく暴れるが軽い。水面からタモへ、飛んできたのは15cmの小型アユ。黄色でキレイ。オトリにして出すとまたすぐアタリ。これも15cm。瀬の中から釣りあがって瀬肩のチャラチャラチャラにくると、入れ掛り。午前中に43尾。
 本日はサオのテストなので、昼からは、色々なサオを使う。夕方、ドシャ降りでやめるまでに49尾。合計92尾は、三ケタも簡単と思いました。安曇川以上にアユ多い。


今日のひと事
  アユ天国 オヤベジンツウ みな釣れる
    ショウガワ二百 挑戦したい
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-19 11:38
8月15日 名張川
釣行日  2011年8月15日 
県 名  三重県 
河川名  名張川町裏 
釣 果  18~23cm 13尾
仕掛け  グラスリ90 メタル0.05号 スピード6.5号4本イカリ 
水 況  10cm減水。

 世は湖産の花盛り、名張よ、お前もそうなのか。
前日の大戸川と同じ、よく肥えた22cmのキレイなアユが掛かります。
 正午、鉄橋しもの「追い星オトリ店の前の瀬に入ります。養殖オトリで瀬肩から瀬落ちまで、50mほどさぐります。ピリッともせず。次の瀬肩まで、あと200mほど釣りくだって、ようやく、爆追する。ドカン。ギューン。全力で逃げるアユを全力で止める。馬のように走るテキを抜いて受ける。22cmの背の黒いツルツルのアユ。
点々とサオを出す人がおり。流れを走り回る魚影の割りにはカズが出ません。鉄橋かみのセキ下まで、さぐり歩いて、13尾でした。ここより下流が今年の本命。


今日のひと事
  新町で 10連発の 入れ掛かり
   いるとこいるが 三ケタは出ない(解禁前の濃密魚影は下流にいるとか)
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-16 10:14
8月14日 大戸川
釣行日  2011年8月14日 
県 名  滋賀県 
河川名  大戸川よきとき橋下流 
釣 果  18~22cm 16尾
仕掛け  グラスリ90 メタル0.05号 エアースピード6.5号4本イカリ 
水 況  10cm高。

 ダイドウ川はどんな川なのか?大アユが釣れる、といわれています。
 組合に電話して、午後1時に着きました。日券だけの川で、2,500円はらう。オトリは1尾500円、15cmと小さい。「どこが釣れる。」と聞くと、しもの橋から下流がよい。「昨日も本日も人がやってないから。」と。
 ナルホド、そこへ降りて、養殖オトリを出す、一発で、瀬の中で、くる。ギューンと走る。これは大きい。 
 20cmの肥えたアユ。ウワサ通り、次はケラレたものの300mほど釣りくだると、10回のアタリで、釣果7尾。
 そこから下流は長い淵で、再び、やった所を釣りあがる。ここと思う所ではアタル。バレタリ、切れたり。合計16尾。


今日のひと事
  石と水 アユにバッチリ 合っている
    釣れれば大きい カズは少ない
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-15 08:45
8月12日 吉野川
釣行日  2011年8月12日 
県 名  奈良県 
河川名  吉野川上市 
釣 果  18~24cm 14尾
仕掛け  尺鮎90 メタル0.08号 スピード7.5号4本イカリ 
水 況  10cm高。

 8~19時、近鉄鉄橋から吉野大橋まで、約1キロを釣り歩く。大の男が4人、京都の料亭におろすアユ百尾、2日間かけて釣る。果たして、目標は達成されるのか。
 まずは、上市橋右岸の流れ、小さな中州から、瀬肩の岩盤に養殖20cmを出していく。30分間ほど、アタリなし。
 そのうち、コツコツとアタリ。いる、と思い、サオを持つ手に力が入る。サオを立て気味にしたり、ねさして引いたりするうちに、ズドン、ギューンと掛かって暴走。
これは22cm、50mほどついてさがって、取り込む。
 次も、あちらこちらオトリを入れて回って、30分間ほどで、ドカンです。夕方、プラス14尾は、4人の中でトップでした。ギャングの被害で、あとの3人は一ケタ釣果。


今日のひと事
  20cm百尾は、約半分しかならず。
   2日間アユに、ほんろうされた。
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-14 08:08
8月11日 吉野川
釣行日  2011年8月11日 
県 名  奈良県 
河川名  吉野川上市 
釣 果  18~23cm 9尾
仕掛け  尺鮎90 メタル0.08号 スピード7.5号4本イカリ 
水 況  10cm高い。

22cmのアユを百尾ほどほしい。15cmなら、安曇川広瀬、18cmなら、野洲川上流土山へ行けば、なんとかなる。
 22cmの大アユは、吉野川上市しかない。
 大の男が四人、近鉄鉄橋と吉野大橋のあいだの瀬に入ります。午後2時でした。ぼくは、小さな中洲の前の瀬肩へ、養殖オトリ20cmを出していきます。腰まで浸かりながら、玉石底にオトリをはわして、ソロソロ引き上げます。ゴツゴツ、ブルブル、追われて逃げて、まもなく、ギューンと掛って沖へ。サオを立てて、暴れるアユを浮かして、よったところを抜きます。尺鮎90のパワー、22cmをゆっくり、正確にタモへ運びます。それにしてもアユは元気がある。釣りたてをオトリにして、引いていると、また、20分間ほどで2尾目くる。これも22cmある。午後6時まで、ぼくは9尾プラス。その他は、12、7、4でした。
12日は、朝からやります。
[PR]
by kyounomurata | 2011-08-12 15:27


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧