今日の村田満
<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
7月28日 南川
釣行日  2011年7月28日 
県 名  福井県 
河川名  南川名田庄 
釣 果  12~20cm 16尾
仕掛け  グラスリ90 メタル0.03号 エアスピード6号 4本イカリ 
水 況  減水

 釣りガールに、友釣りを教える。
 やさしいようでむつかしい。10時から18時まで、3ヶ所も場所をかわって、なんとか、二ケタ釣ってもらう。
 つりそくのいちめん、表紙にする、というので、久坂セキしものチャラ瀬へ。養殖オトリのハナ通しから始め、通したオトリの引き方、掛りアユの取り込みまで、超初心者のSちゃん、75のトライアンで、やらす。1時間はモタモタでしたが、2時間目から、オトリをチャラ瀬の中を引いて、左岸よりの浅場で、13cmの小型を掛ける。
 うまく抜いて、うまく受けられず。逃がす。3時間目に、ようやくサオに慣れて、ひとりで、やれるようになる。13時まで5尾。水量のある名田庄大橋で1尾。16時から、中学校前の瀬で4尾。Sちゃん合計10尾。ぼくは教えて、自立出来たので、近くで、5、2、9尾と釣る。


今日のひと言 
  教えるのは、自分が釣るより、むつかしい。
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-29 09:38
7月27日 天川
釣行日  2011年7月27日 
県 名  奈良県 
河川名  天川庵住 しりゆう橋
釣 果  18~23cm 32尾
仕掛け  大鮎100 ナイロン0.5号 スピード7号 4本イカリ 
水 況  10cm高い。
 
新アカが付き出して、アユの追いは活発になりました。
 釣れる所では、それこそ簡単に掛ります。反対に、釣れない所では、いくら粘っても反応がありません。
 午前8時、小川組合長宅の下、しりゆう橋の下流に、3名で入ります。初心者に釣らす為、足場がよくて、掛りアユの取り込める所、トロ場の釣れる所、前日のアユをオトリにしてやらします。広い瀬肩で、すぐに、20cmを掛けて、Z90のサオで、初心者はなんとか取り込みました。1日やって、プラス7尾。15回も掛けました。
 ぼくは、流れの真中で32尾プラスにしたのですが、夕方6時までかかりました。もう1名、午後4時まで、23尾でした。


今日のひと言 
釣れるとこ コケがついてる 光ってる
    アユが大きく ハリが問題(小バリの方がよく掛る)
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-28 13:54
7月26日 天川
釣行日  2011年7月26日 
県 名  奈良県 
河川名  天川山西
釣 果  18~23cm 26尾
仕掛け  大鮎100 ナイロン0.5号 スピード7.5号 4本イカリ 
水 況  30cm高。

11時から17時まで、6時間やって、掛けたアユは35回で、取り込んだのが26尾。とにかく事故が多い。 
石が荒く、水が多い。根掛りさすと、入ってとるのが大変です。アユは20cm級が大半で、ここからさらに下流では、25cm級も出る。反対に、上流に行くと型が小さくなる。それにしても追ってくるのが早い。オトリを沈めると同時に、アユがおれば、ドーンです。
 11時に入った時、山西の瀬の本命、右岸には、毎日ここでやる人がいて、15尾釣っていました。13時にあがって、その後をやる。10mのサオだから釣れたのです。
明日も同じようにやるつもりです。


今日のひと言 
命がけの決心。 アユは美しい。
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-28 11:33
7月23日 日野川
釣行日  2011年7月23日 
県 名  鳥取県 
河川名  日野川安原橋
釣 果  15~22cm 35尾
仕掛け  競技95 メタル0.05号 スピード6.5号 4本イカリ 
水 況  10cm高。

 
リバーサイド日野の駐車場下の瀬に入る。右岸から荒瀬の肩に、18cmのオトリを出す。時間は8時前、信じられないほど簡単に、ポンです。サオが合うのか。抜いて受けた18cmをオトリにして出すと、またポンです。5連発です。ウソと思う反面、今日は釣れるとニコニコです。左岸側の本流だけでなく、右岸側の細流もやってみます。どうもパットしません。前日、やりやすい方はやられているのです。本流が本命です。そこをやるには胸まで入らねばならない所もあります。アップアップでなんとか12時まで、18尾でした。昼からは上流へ。
13時から16時まで、17尾。合計35尾は、よくやった方です。型は18cm平均で、下流部より良い。


今日のひと言 
  川ひろい 連発ポイント 宝の山
      ギラギラ光る 看板点滅
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-25 16:40
7月22日 日野川
釣行日  2011年7月22日 
県 名  鳥取県 
河川名  日野川津地崎
釣 果  15~22cm 11尾
仕掛け  プロト90 メタル0.05号 スピード6.5号 4本イカリ 
水 況  20cm高。

 
13時からの釣りで、体はヤル気マンマンです。
 つち橋上下の友釣り専用区で、しもの平瀬に入る。
 本日はサオのテストです。凄い、釣れるサオにオトリをつける。入れ掛りと思ったのですが。30分間ほどウロウロして、やっと、大岩の前の波立ちでくる。18cmのふつうのアユです。2尾目は、3分間ほどできたのですがこれは、空中でハズレます。アユはスレている。
 スレたアユには、小バリの方がいい。エアースピード6号にする。笑いますが、22cmが掛ります。1尾取り込むと、ハリがのびているので交換です。マルチ6号にしてみる。ケラレる。17時、しもの荒瀬の瀬肩で、6連発サオとハリがうまく合った感じです。


今日のひと言
 よいところ 当てれば釣れる 荒い川
      いくのが大変 粘ってしまう
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-25 10:29
7月21日 揖保川
釣行日  2011年7月21日 
県 名  兵庫県 
河川名  揖保川山崎
釣 果  18~23cm 21尾
仕掛け  大鮎100 ナイロン0.5号 スピード7.5号 4本イカリ 
水 況  10cm高。
 
近畿で一番大アユの釣れる川。なにか、支流の釣りばかり強調されているが、伊沢川のアユなら、安曇川の方が面白い。やはり、揖保川は本流の巨アユ釣りである。
午前10時、中国道のかみのチャラ瀬に入る。
 ツキがあるのか、場所を見る目が当たったのか、養殖オトリ18cmを出すなり、ドカンです。ギューンと引くのを大鮎のサオで、ブチ抜く。22cmの肥えたアユ。オトリを替えて出すと、またすぐガツンです。22cm。3尾まで瞬間にあがりましたが、さすがに、それからはこず。右岸の平瀬で、ポンポンと2尾。くるのは全部20cm以上。
良かったのは、高速上下の瀬です。高切れ3回で、ナイロン0.5号にしましたが、25cmも出そうです。


今日のひと言 
  カズならば 三方引原 よく釣れる
      感動したけりゃ 本流やれよ
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-22 09:42
7月17日 安曇川
釣行日  2011年7月17日 
県 名  滋賀県 
河川名  安曇川広瀬
釣 果  10~18cm 108尾
仕掛け  グラスリ95 メタル0.03号 エアスピード6号 4本イカリ 
水 況  10cm高、昼から平水。

 川の掃除で、朝は水位があがる。あがると、チャラ瀬がよくなる。今の広瀬で、一番よく釣れるチャラ瀬は、広瀬橋のしもすぐの右岸側。そこへ午前8時に入る。
 もちろん、入れ掛りですが。悪い事には、橋の上からまる見えです。はじめ3名でやっていましたが、時間とともに人が増え、釣れるアユが小さくなります。
 午後3時に、77尾であがります。
 午後4時、常安橋へ。ここのチャラ瀬は、広い。2名やっていましたが「朝から140尾あげた」と、ニコニコでサオをしまいます。その後へ。95のグラスリで、オトリを広く泳がします。午後7時まで、31尾でした。
 90と95で、釣果はちがってきます。ハリは6号が正解。


今日のひと言 
  土日と 三ケタが釣れる 広瀬地区
     平日ならば 二百になるか
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-20 09:59
7月16日 安曇川
釣行日  2011年7月16日 
県 名  滋賀県 
河川名  安曇川広瀬
釣 果  10~18cm 113尾
仕掛け  Z90 メタル0.03号 エアスピード6号 4本イカリ 
水 況  平水より10cm高い

 今シーズンの最高釣果は、常安橋のかみ、鉄塔の瀬で245尾。過剰密度で、アユは小さい。このアユを吉野川上市に放流して釣らす。移植作戦は成功しつつあります。
 この日は、前日の吉野から広瀬へ。午前7時から、広瀬橋しものチェーンの瀬に入ります。塚原プロと初心者とぼくの3名です。ぼくは中洲の右岸側の流れに、養殖オトリ16cmを瀬落ちに出すと、待ったなしで、グルグル、ガツンです。13cmが掛ります。よく引く、といいたいところですが、Z90のサオを立てると、水面から飛び出して、アミの中へ。ポンです。夕方までに113尾。塚原プロ82尾、初心者43尾でした。チェーンの瀬を一人でやれば、200尾にはなりそうです。


今日のひと言 
  釣れるとこ 静かにやれば 百連発
     湧いてくるのか よってくるのか(テカテカ光る石)
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-19 15:42
7月15日 吉野川
釣行日  2011年7月15日 
県 名  奈良県 
河川名  吉野川上市
釣 果  18~24cm 10尾
仕掛け  大鮎100 メタル0.08号 スピード7号 4本イカリ 
水 況  平水

 
広瀬のアユを上市で釣らす。安曇川と吉野川の連繋プレーは、いま始まりました。この日も午前9時に、美吉野橋かみの瀬に入ります。前日釣れた左岸では、ピッともせず。瀬落ちにくだってくると、ズドンです。大砲のアタリで、一気にしもの淵へ。引かれて、タメてヨセてすくい込んだのは、本日の一番小さい18cmでした。それをオトリにして出すと、20cmがドカンです。これもついてさがって、金魚すくいですくい込みました。ただ、それから、掛けてはハズシ、追わしてバラシで、自分が自分でイヤになりました。広瀬のアユは、こんなに暴れない。吉野川で育てると、狂暴になる。前はよかった上市橋へ。ここではアタリなし。そのかみの土木局の前で入れ掛り。


今日のひと言 
荒い瀬で 大きなアユが 入れ掛り
     平水吉野 ムチャに暴れる
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-19 12:05
7月14日 吉野川
釣行日  2011年7月14日 
県 名  奈良県 
河川名  吉野川上市
釣 果  18~24cm 14尾
仕掛け  大鮎100 メタル0.08号 スピード7号 4本イカリ 
水 況  20cm高い

 カンカン照で、水温も22度に上昇する。
 上市鉄橋かみの平瀬に、中洲からサオを出す。
 久しぶりの10mのサオ。養殖オトリ20cmにハナカン、サカバリを打って、掘れ込みのカケ上りに送り出す。
 少々重たく感じるが、その分、大きなオトリが軽く扱える。黒い大岩に近づけて、ゆっくり引く。コツン。
 小さなアタリでしたが、サオを立てると、ギューンとものすごい反撥です。手前によせるつもりが、沖へ引かれる。全身全力で、アユとやりとりする。なんとか浮かして、必死で引き抜く。ドスンとアミに受けたのは、22cmのアユでした。コレ1尾で満足。そのつもりで、次々と掛けていく。バラシやキラシで、20回掛けて、13尾のプラス。


今日のひと言 
  われこそは 自信のある者 来てほしい
         逃がしたアユは さらに大きい
[PR]
by kyounomurata | 2011-07-15 13:59


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧