今日の村田満
<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
11月26日 有田川
釣行日  2010年11月26日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~18cm 219尾
仕掛け  Z90、メタル0.02号、スピード7号3本イカリ
水 況  平水にもどる。水温15度。

 これまでオトリは新金屋橋しも左岸にいけておきました。
 そのコンテナをかたづけて、午前10時に、いつものボンボリの瀬へ。まずは、どこにアユがいるのか。川を見て回ります。左岸の瀬落ちにバシャバシャ。浅い水深10cmもない岸よりに、川底が真黒に見えるほどつまっています。これは釣れる。養殖18cmのメスを出していきます。
すぐに釣れるハズですが。オトリを出すと群れが逃げます。群れを追いかけて、オトリを引き上げていきます。
そのうちポンと13cmの黒いオスが掛ります。掛りアユを受けて、ハリをハズして友舟へ。オトリはそのままサカバリを打ち直して、黒い群れへ。また群れが消えます。
 3分間ほどアチラコチラ引くうちに13cmの黒いオスが掛ります。30分間ほどで10尾。目の前のアユはすぐに散るものの集まるのも早い。
 ここで考えました。
もっと早く釣る方法はないのかと。
 18cmのメスをやめて、13cmのオスをオトリにして、掛りのよいスピード7号の3本イカリにしたのです。
 昼まで47尾。午後1時から2時間65尾。そして最後の暗くなるまでの2時間107尾でした。合計219尾。
 全部放流しましたが、なんと少ないカズかと思いました。ザブトン2、3枚分の川底が黒くなっただけです。
 自分の釣った左岸の浅いチャラ瀬にいるアユは、夕方にそのカズを増やし、タタミ百枚ほどサオ5本分以上アユだらけでした。驚異の魚影ですが、禁漁区にはソレ以上のアユがつまっているのです。
 
今日のひと言  アミ置いて 掛ったアユは その上で
  ポンと落して 次を打ち込む(だから片手操作の軽いサオZです)
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-29 10:15
11月21日 有田川
釣行日  2010年11月21日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~22cm 182尾
仕掛け  Z90、メタル0.02号、エアースピード6号4本イカリ
水 況  さらに減水。水温16度。

 おもしろい釣りはやめられません。
午前5時、奥村さんが迎えに来てくれて、ボンボリの瀬へ。午前7時30分から、入れ掛りのスイッチオンです。
 奥村さんは14日にグラスリ4で164尾釣ったので、本日は自分の3でやってもらう。当然、ガタガタにくずれます。新旧サオのちがいのテストです。モルモットになってもらった結果は78尾でした。
 ぼくの方は、瀬落ちの入れ掛りから始めて、瀬肩の出し掛り、3本イカリより4本イカリ、オスよりメス、直線よりナナメ引き、黒より白い川底などの良否比較で、より良い釣りができました。
昼まで83尾。暗くなるまで99尾の合計182尾。

 
今日のひと言  多面的 いろいろやれば よく釣れる
     生きる為には 居場所をかえる(アユのチエなのか)
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-22 16:11
11日20日 有田川
釣行日  2010年11月20日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~22cm 115尾
仕掛け  グランドスリム4の9m、メタル0.02号、エアースピード6.5号
      3本イカリ
水 況  さらに減水。水温15度。

 午前5時、岡野さんが迎えに来てくれて、午前7時30分から、いつものボンボリの瀬で始める。まだ、30尾以上のアユを釣った事のない岡野さんに、入れ掛りのアカリをつけさす為に、セのおちクチの右岸でやらす。オトリは前日釣ったツブよりのメス18cmです。
 いきなりズドンの大砲です。一発目はオトリと同型のオス。二発目も三発目もやや小ぶりでしたが、よく引きます。岡野さん、引き抜きはうまい。びっくりは五発目にきた23cmを50mほどついてさがって取り込んだ事です。
 シリに火がつく。この日、自己最高の48尾をあげたのです。グラスリ2の9.5mでやっていましたが、4の存在を知ったら、「嫁はん」を質に入れるのか。
 
今日のひと言  またひとり アカリがついた 友釣りに
      アリダボンボリ ムチャクチャ釣れる(ぼくは115尾)
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-22 14:08
11月19日 有田川
釣行日  2010年11月19日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~22cm 62尾
仕掛け  Z90、メタル0.02号、エアースピード6.5号3本イカリ
水 況  減水。水温14度。

 おもしろい釣りにヒトは動く。
 カワハギ入れアタリで、24尾釣った。栖原かるも丸行きませんか、の電話もらう。ところが、その電話の前に有田川へ友釣り行きましょうの電話予約もらってあったのです。う~ん、時はまさに釣りシーズンです。暑くも寒くもない。野外は快適そのものです。
 午前9時、禁漁区かみの瀬です。
 友釣りは、やる前の自分の見込みが、当るかハズレるかです。14日155尾、16日115尾釣った左岸の瀬肩出る出るツボが一番カズが出ると思い込んでいます。そこへ飛んで行ってやったのですが、昼まで21尾でした。同行の超初心者10尾。昼から41尾。超初心者21尾。合計62尾と31尾。
 
今日のひと言  午後3時、 ちがうヒトから また電話
            明日こそ三ケタ ぜひつれて行けと
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-22 11:24
11月16日 有田川
釣行日  2010年11月16日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~23cm 115尾
仕掛け  Z90、メタル0.02号、エアースピード6.5号3本イカリ
水 況  さらに減水。水温15度。

 11月の友釣り、寒くて手がかじかみます。
 今日も午前9時から、禁漁区のかみの瀬へ。
 左岸の瀬肩の一等場所に、二年目の超初心者を立たしてやります。三ケタ突破の初心者とちがって、18cmのメスの養殖オトリで、15cmのオスを3尾釣って、オトリが浮いて釣れなくなります。引き抜きも失敗が多い。それで昼まで20尾。ぼくは41尾。 
昼から、釣れる範囲(出る出るツボ)がせまくなり、超初心者の前だけが入れ掛り、ぼくの方はポロポロでした。超初心者50尾で合計70尾。ぼくは74尾で合計115尾。
 テストとして、Z90のサオに、グラスリのホ先をつけてやりましたがブラブラして、静かな引き釣りができません。
 
今日のひと言  グラスリの カタイ胴体 あればこそ 
    静かな釣りが 簡単になる(メタルは軽竿に合わない)
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-17 16:14
11月14日 有田川
釣行日  2010年11月14日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~23cm 155尾
仕掛け  グランドスリム4の9m、メタル0.02号、エアースピード6.5号
      3本イカリ
水 況  減水。水温16度。

 初心者に三ケタを釣らす。14日の日曜日、宮原禁漁区かみの瀬で、いつものように始めます。左岸に2名、右岸にはわれわれ2名が入ってやったのですが・・・・午前9時から10時まで、ぼくが10尾で、初心者が2尾、対岸の人達は一度もサオが曲りません。
 入れ掛り百尾は夢か幻か。不釣の2名はサオをたたんで帰りました。ぼくも五百mほどかみのチャラ瀬へ移動です。ただ、ひとりになった初心者は、アユが出てきて入れ掛りです。正午、弁当にあがった時、カズを読むと43尾。ぼくは40尾。「おもしろい」と言ってくれました。そこで、グラスリ4の9mをのばして、昼からはこれでやってみろと持たします。121尾。合計164尾釣ったのです。ぼくは155尾。
 
今日のひと言  ポイントへ 入れる以前に だし掛り
 いれまえがかり はじめての体験(発狂する。暗くなってもやり続ける。)
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-15 12:59
11月11日 有田川
釣行日  2010年11月11日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~23cm 175尾
仕掛け  グランドスリム4の9m、メタル0.02号、フックK5.5号
      4本イカリ
水 況  減水。

 いまごろ入れ掛りで、ヒトを楽しませてくれても、もうおそい。朝は寒いぐらいで、水温も14度、昼からは暖かくなり水温が16度。オスでもメスでも、よくもぐるオトリを瀬の走る流れに沈めると、ドンです。型も18cm以上が多く、グラスリをしぼり込みます。よく引いても、なにか静かなのです。アユのチカラをスリヘラスのでしょうか。カラスリ。静かだから、ムリをするのでしょう。
 大きなアユが掛って、ムリに抜くから、高切れ3回。
 マイナス6尾。昼まで76尾。昼から99尾。合計175尾。
 釣れる。朝から瀬肩でやっていた人も百尾以上釣ったと言ってます。地元の藤岡さんも夕方1時間32尾。
 アユは放流して帰りましたが――来年どうなる。
 
今日のひと言  三ケタ釣り さしてみせます 初心者に
     面白いのか つまらないのか(釣らして聞くつもりです)
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-12 13:26
11月8日 有田川
釣行日  2010年11月8日
県 名  和歌山県
河川名  有田川 宮原禁漁区かみの瀬 
釣 果  13~22cm 181尾
仕掛け  エアマスター、グラスリ4など9m、メタル0.02号、
       フックK5.5号4本イカリ
水 況  平水。

 これだけいるアユが、なぜ、釣れないのか?
 11月に入って、和歌山有田川、大きなカタマリが毎日くだっていきます。ハメもアミもないから、自然に産卵場所に集まるハズです。それが、2日は15尾、4日は35尾と金屋から田殿の瀬づき場所を釣っての釣果です。
 水温19度から17度で、釣れたアユもまだ若い。
 それにしても少ない。が、しかし、5日宮原で地元の上西さんが3時間(夕方2~5時)127尾。そこへ、8日に行きました。河原に、A、G、Zの9mのサオを並べ、どれが引きやすいかのテストです。午前9時から、入れ掛りなんてものでなく、オスもメスもオトリに関係なく飛びついてきます。60尾づつ釣りました。合計181尾。
 
今日のひと言  Aまがる Zはかるい Gしづか
     かたいサオほど あつかいやすい(バレ減少する)
[PR]
by kyounomurata | 2010-11-09 17:46


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧