今日の村田満
<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
7月29日 愛知川
釣行日  2010年7月29日
県 名  滋賀県
河川名  愛知川 永源寺
釣 果  12~21cm 45尾
仕掛け  競技A-90エアマスター、メタル0.03号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水

 川岸のアシを刈って、サオを入れやすくしてある。
 永源寺の紅葉橋下流の瀬で始めました。
 午前8時、天気は曇り、水温21度、平水、石にコケはよくついています。15cmの養殖オトリをココという瀬肩のシボリコミへ。沈めて、止めて、待ちます。アタリなし。5分間で、今度は白波立つ落ち口へ、移して待ちます。反応ナシ。足場のよい、やりやすい所にはアユがいません。アシがはえていて、岸よりの歩きにくい所までさがります。右岸から左岸のチャラチャラ流れに、オトリを入れると同時にガーンです。湖産アユの強烈なパンチが手にきます。入れ掛り10連発。昼まで32尾。
 昼から八風温泉の下の瀬で13尾。岸のアシは刈ってある。

今日のひと言  釣り荒れて 足場の良いとこ アユおらず
            ポイント簡単 行きづらい所(魚影濃い)
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-30 10:49
7月27日 葛川
釣行日  2010年7月27日
県 名  滋賀県
河川名  葛川 貫井(ぬくい)
釣 果 13~21cm 42尾
仕掛け  A-90(エアマスター)、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  10cm高い

 ゼロショック4時間1尾のアユも釣れず。その後で、優勝者が入れ掛り15尾。Cブロック大会の反動で、26日は友釣り仕掛けも作る元気なし。ただ、ぼくは負ける事には慣れていて、必ず、ゼロショックを前進のバネにして、ハジをすすいでみせます。

 かつらがわ貫井セキのかみの平瀬、午前7時半からやり出す。大石にはコケがついて黄色になっていますが、バラスは白のまま、水温20度、天気は晴れ。瀬肩から瀬の中へ。養殖オトリをさげていきますが。30分間アタリナシ。かみではポロポロ釣れています。朝一番に釣れる所があるようです。釣れ出し午前10時、正午まで22尾。昼から午後5時まで20尾。合計42尾。姿の美しいアユばかりでした。釣り人も多い。

今日のひと言  釣れるのか 迷えるヒツジ 悩みます
           一日一回 時間で釣れる(朝ダメでも夕方釣れる)
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-29 09:25
7月25日 日野川
釣行日  2010年7月25日
県 名  鳥取県
河川名  日野川 岸本
釣 果  0尾
仕掛け  A-90、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水

 勝敗は時の運、勝っても負けても、やるだけやる。
 マスターズCブロック大会、午前6時から10時までの4時間、マスターズ会場を上流から下流まで、釣り歩いて、ゼロ釣果でした。自分の行く所でアタリなし。笑いますが、毎日釣りをしていて、そんなハズレた所でやってはいません。ただ、追う体制になっていなかった。
 6月17日の岡山奥津川の大会でもゼロをくらう。
 フロヤの釜で、言うばかりで、優勝できません。
 なぜ、勝てないのか。
 前日、安曇川で暗くなるまで、やっていたからです。
 ココこそ一番の伯耆橋右岸の流れ、石も流れもアユもいるのに釣れず。優勝者岡林慎さんがソコで15尾とは。

今日のひと言  追う時間 きたから釣れた よいところ
              ツキのない人 ウロウロするだけ
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-28 11:07
7月24日 安曇川
釣行日  2010年7月24日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  10~15cm 17尾
仕掛け  A-90(エアマスター)、メタル0.02号、フックK5.5号4本イカリ
水 況  20cm高い

 上流の葛川(かつらがわ)梅ノ木のアユが大きいのでやってみる。昼まで8尾。20cmある。
 
 昼から、広瀬へ。大会本部になる広瀬橋かみ約1kmのトロから瀬にかけてやる。どこでも釣れるが、どこでも入れ掛りにならず。こんなハズではないと、橋かみ約500mのチャラ瀬までやりにいく。気が付けば、午後6時になっていました。小型で白いアユが17尾。
 しまった。明日は日野川へ行かねばなりません。

今日のひと言  おそくまで やってつかれて 勝てないよ
                分っていながら やめられません
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-27 15:13
7月23日 安曇川
釣行日  2010年7月23日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 朽木
釣 果  12~21cm 32尾
仕掛け A-90(エアマスター)、メタル0.03号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況 10cm高い

 安曇川上流の久多川、友釣り専用区の看板があり、その上下300mほどは、ホレボレする川相をしています。
 ここならイケる。午前8時~9時まで、やってみる。
 アタリナシ。条件の良い時にやりたいで終る。

 次は、日券二千七百円の朽木の荒川。宮城橋下流で、午前10時からやる。15cmを3尾釣ったところで、朽木のベテランが「野尻の瀬で、20cmが入れ掛り。」と、呼びに来てくれる。ソコへ。午前11時から行ってやる。石にコケはツイていないが、荒瀬で大型がくる。夕方まで29尾。
 大満足で、午後5時にしまう。

今日のひと言  荒川で 三ケタ釣るのは 簡単だ
               雨あと増水 歩いてかせぐ
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-27 10:15
7月21日 野州川
釣行日  2010年7月21日
県 名  滋賀県
河川名  野州川 土山と甲西橋
釣 果  10~18cm 54尾
仕掛け  競技A90SR、メタル0.02号、フックK5.5号3本イカリ
水 況  10cm高い

 午前4時に起きて、午前6時半から、岩室橋のかみでやる。ぜんぜん、追いを感じません。午前8時半12尾で下流の中村オトリ店へ電話する。「甲西橋下流で60尾釣った。十分期待できる。」と。午前10時から、ソコでやってみる。
 釣りやすい所でこず。
 中郡橋下流の早瀬、甲西橋上流のチャラ瀬、新生橋かみの中洲回りなど、下流の代表ポイントで、入れ掛りなし。午後7時、42尾で、アユはいるのに、なぜ、釣れないのか。疑問のままにサオをおく。
 土山と野州、上流と下流、型とカズ、もっと釣れなければウソ。

今日のひと言  二日間 ろくろく寝ずに ガンバッタ
            三ケタは夢か 努力と根気(なんとかなりそう)
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-23 13:22
7月20日 野州川
釣行日  2010年7月20日
県 名  滋賀県
河川名  野州川 土山
釣 果  13~20cm 62尾
仕掛け  競技A90SR、メタル0.02号、フックK5.5号3本イカリ
水 況  30cm高い

 野州川らしくない玉石の瀬が続く岩室橋のかみ、午前8時から10時まで、たったの5尾。なんで釣れないのか。
 前日、ムチャクチャ掛って、16cm以上が50尾。本日は残りカスで、ダメなのでしょう。
 ところが、午前10時過ぎ、橋の真下のサオの当る平瀬にオトリを入れたところ、ドカン、ギューンです。黄色い18cmの良型が掛ります。コレは釣れると、穂先を橋のケタにアタらないよう気を付けて、オトリを橋の真下に引き込むと、入れ掛り。5尾、10尾と続き、橋下流すぐの早瀬でも竹のたおれた下に入れると、入れ掛りです。昼まで31尾。
 午後も1時から4時半まで31尾。合計62尾。

今日のひと言  野州川に こんなよいとこ あったのか
                 雨あと狙えば 百尾釣れる
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-23 09:27
7月18日  雫石川
釣行日  2010年7月18日
県 名  岩手県
河川名  雫石川
釣 果  15~18cm 7尾
仕掛け  Z-90、メタル0.03号、フックK5.5号4本イカリ
水 況  平水になる。

 講習会で、午前7時から、マスターズ会場の下限の平瀬でやる。生徒12名の見ている前で、まず、水温を測る。
 17度。昨夕が21度ありましたから、情況はよくない。
 果たして、右岸から始めて、左岸まで行って、30分間して、瀬肩で16cmを掛ける。「釣れる。」という事で、12名にオトリを配り、各自の好きな所でやってもらう。
 サオが自由に借りられるので、平瀬に合う中硬9mの競技をAさんに持たしました。後で見に行くと、下流の荒瀬でやっていました。「サオがやわらかくて、2尾しか釣れない。」とボヤイていました。女性のTさんにSL8.2mを持たして、トロ場をやらしたのも失敗でした。昼までやって、7尾がトップで、平均4尾でした。昼から、自由にやってもらい、午後3時終了。ぼくは昼から6尾。

今日のひと言  七尾で 大満足の 雫石
             荒瀬もトロも ホレボレするよ
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-20 15:22
7月17日  雫石川
釣行日  2010年7月17日
県 名  岩手県
河川名  雫石川
釣 果  15~18cm 21尾
仕掛け  Z-90、メタル0.03号、フックK5.5号4本イカリ
水 況  平水より10cm高い

 午後2時、春木場のマスターズ会場の本部前の瀬に入る。噂では、キビシイ、なかなか釣れないらしい。慎重に流れを見て回り、右岸から左岸へ、左岸から右岸へ。
 場所をさがしているうちに、左岸にカカシのある前で、地元の人がポロッと掛けて抜く。「釣れる。」と分り、30mほどしもで、Z-90のサオに仕掛けをつけて、オトリを出す。まだ目的地点に到達する前にガツンです。オトリを替えて送ると、またすぐ2尾目がゴツンです。追う時間なのかバタバタと5尾。ただし、後は場所を移ってもこず。
 場所ムラはげしい。高圧線の近くまで釣り上がって、21尾でした。午後6時にサオをおく。

今日のひと言  よいコケの ついた所に アユはいる
              ポイントわかれば 後は簡単
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-20 09:16
7月13日 愛知川
釣行日  2010年7月13日
県 名  滋賀県
河川名  愛知川
釣 果  15~18cm 21尾
仕掛け  A-90エアーマスター、メタル0.03号、フックK5.5号4本イカリ
水 況  平水。夕方は増水する。
 
 雨の降る日は川が悪い。目標50尾の葛川へ来たら、赤濁りでサオを出さず。
 午前10時、愛知川永源寺の紅葉橋、川は水が澄んで、平水、水温21度で、コケがピカピカです。コレは最高。
 正午まで、橋下流約1kmまで釣りさがって、10尾。
 水も石もコケも百点満点なのに、釣果は予定の半分。
 これは、おかしい。そうか、それが原因か、と納得。
 友釣りの三大害敵=ウ、バス、レイスイ病の他に、四ツ目の害敵があります。人災=エサ釣りです。
 ぼくが川へ降りる時に、クーラーかついだ地元の人が「200尾釣った。」と見せてくれました。シラスの餌釣り。
 その後へ入っての友釣りで、畜生です。クヤシイ。

今日のひと言  草刈って 釣り場広げて やりやすい
            感謝したいが 友釣りダメだ
[PR]
by kyounomurata | 2010-07-15 09:16


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧