今日の村田満
<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
10月27日 日高川
釣行日  2009年10月27日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 原日浦
釣 果  18~23cm 8尾
仕掛け  T‐90、メタル0.05号、スピード7号4本イカリ
水 況  平水

 カレキナダという所が日高川にあります。午前9時に入って、やり始めて気が付いたのですが、23日のようにハミアトがついていない。3時間やって、2尾でした。
 ウ~ンです。石も大きく、流れもよいが、肝心のアユがいません。それで、原日浦へ。来てみれば、釣り人がいて、すでにやられていました。
 午後1時30分から、橋がみの瀬落ちからやり始めて、瀬の中、瀬肩と釣りあがって、トロ場まで、1尾でした。
 少ない。原日浦の本日の本命場所は、どうやら橋下流のトロ場でした。ここで、5尾、20cm以上の良型釣ってはじめから、カレキナダへ行かずにやっておれば、と反省しました。合計8尾は、少ないといえば少ないのですが。色々やって、面白かったから満足です。

今日のひと言  9メートル サオが短い トロはダメ
               アユが逃げては 釣りにならない
[PR]
by kyounomurata | 2009-10-28 17:24
10月23日 日高川
釣行日  2009年10月23日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 原日浦
釣 果  15~23cm 26尾
仕掛け  A‐100、メタル0,05号、スピード7号4本イカリ
水 況  20cm減水

 釣りは場所ですが、流れをのぞいても、コレという所がありません。特に減水していて、川底の石がよく見えてますから、コケのつき具合が分ります。たいした所ではないが、実績があるので、原日浦の橋かみの瀬肩に入りました。左岸から、養殖オトリ18cmを出していくと、すぐにゴツンです。15cmのメスが掛ります。そのメスをオトリにして、5mほどのトロ場を引き上がりますと、またガツンです。18cmのメス。こうして、次の瀬まで50mほど釣り上がって、5尾になります。瀬はどうか、試しにやってみますと、ガツガツです。これはオスでしたが20cmが釣れます。なんだ、何処でも釣れるのではないか。昼まで11尾。昼から15尾の合計26尾は、予定以上の釣果でした。今年はおそくまでやれそうです。

今日のひと言  外観と 中味が違う 原日浦
              平岩姉子 もっと釣れそう
[PR]
by kyounomurata | 2009-10-26 12:00
10月21日 日高川
釣行日  2009年10月21日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 原日浦
釣 果  15~24cm 8尾
仕掛け A‐95トビツキ、メタル0.05号、スピード7号4本イカリ
水 況  平水

 初心者がアユをたくさん釣る為には、サオをやわらかくするのが一番 ― というわけで、釣れる入門ザオが多数試作されました。3万円とか5万円で、10年前のスペシャル級のサオが買える。トライアン作戦といいますが、費用をかけずに楽しい友釣りができます。来年の話。
 オニが笑う。今シーズンあれほど釣れた日高川の川中地区に、台風18号以来アユがいなくなりました。川相が変わるほど水が出たからです。アユは飛ばされた。
 そのアユが、三十木や原日浦にいる。ウソと思いましたが、川中の畑ヶ瀬で15cm1尾、千鳥橋で1尾と半日サオを出してみて分りました。午後2時から原日浦へ。
 ここは朝から、5名サオを出していた。それでも、6尾20cm以上が釣れたのです。

今日のひと言  トライアン 持ったとたんに こりゃちがう
            雑音なくなり 釣果がふえる(生産性高い)
[PR]
by kyounomurata | 2009-10-22 13:11
10 月17、18日 長良川
釣行日  2009年10月17、18日
県 名  岐阜県
河川名  長良川 群上 美濃
釣 果  18~22cm 3尾と3尾
仕掛け  テストザオ、テスト糸、テスト針
水 況  平水

 来年もアユ用品に力を入れる。
 その為に16名のテスター、スタッフを集める。
 企画としては、成功ですが、思うようにアユは釣れず。
 百本近いサオを川原に並べて、次から次へと使って行くのですが。17日が3尾。18日が3尾では、ハッキリしたサオの能力がつかめません。新素材の新設計の新機能と説明されても、アユが入れ掛りにならなければ、良さは分りません。9月17日に神通川で107尾釣ったサオも、次の日に109尾あげたサオも、単に持ちやすい、振りやすい、引きやすいとだけは理解できます。
 問題は、16名全員が三ケタ釣果のサオを優秀竿と認めるかです。その他の用品も、実際の現実にマッチしないものがあります。どう改良するかです。

今日のひと言  名人を 大勢よせて テストする
                 ここで大釣り 真の名人か
[PR]
by kyounomurata | 2009-10-21 18:10
10月16日 長良川
釣行日  2009年10月16日
県 名  岐阜県
河川名  長良川 郡上七ッ石
釣 果  16~22cm 10尾
仕掛け  テストザオ9~9.5m、メタル0.03号、ミニマム7号4本イカリ
水 況  平水

 午前11時から、七ッ石とそのかみの瀬で始める。
 カタログと動画の撮影です。
 養殖オトリメスを瀬肩の波立ちに送り出すと、いきなりゴツン、ギューンです。これは釣れる、と取り込んだ18cmのオスをオトリにして出す。やはり、盛期とちがって、次がなかなかきません。高速橋の真下のトロへ。
 ここなら必ず釣れる淵のカケ上がりへ。オトリを持っていくとドスンです。22cmのメス。オトリを替えて出すと5mほど下流で、またガツンです。3尾でサオを替えて、今度は製材所の裏へ。ここのトロで3尾。場所を大きく移動しなければ、粘ってもきません。上流の神路のトロでも3尾。結局、夕方暗くなるまでやって10尾でした。
 
今日のひと言  面白い 少ないアユを どう釣るか
                 型はソコソコ 荒瀬もくるよ
[PR]
by kyounomurata | 2009-10-21 09:29
10月7日 有田川
釣行日  2009年10月7日
県 名  和歌山県
河川名  有田川
釣 果  15~20cm 14尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.03号、スピード6.5号4本イカリ
水 況  50cm 増水
 
 台風18号の接近で、ダム予備放水して、水況よくない。
 来た以上はサオを出さないわけにはいきません。
 午前9時から、新金屋橋左岸の瀬落ちで、濁りで川底よく見えませんが。養殖オトリを出していきます。
 釣れない、シブイと期待していなかったのですが。
 岸より3mほどの所で、ポーンです。「ウソ」と思いながらサオを立てると、18cmの白いメスがあがってきます。スコンとタモに受けて、ハリをはずして、オトリにして出すと、またコーンです。これは20cmです。
 こうして5尾釣って、かみの瀬肩へ。来てやると、流れが早くて、アタリなし。釣れるのは、瀬落ちのヒラキのみでした。昼まで合計14尾。昼からは雨で釣りにならず。8日午前中600t放水。7tが平水ですから、1週間はムリ。

今日のひと言  釣れる川 どこかにないか 一週間
                三年ぶりの 大水になる
[PR]
by kyounomurata | 2009-10-08 11:54
10月2日 有田川
釣行日  2009年10月2日
県 名  和歌山県 
河川名  有田川 金屋
釣 果  18~22cm 2尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.03号、スピード7号4本イカリ
水 況  30cmの増水、濁りあり。

 日高川に行くつもりが、有田川になる。
 正午、新金屋橋しもの左岸に降りていく。雨が降っていて、水は濁っている。ゴミも流れて、条件はよくない。
 それでも天然のオトリ20cmを左岸の瀬肩へ出していく。
 10分間ほど、あちらこちら引き回すうちに、グーです。
 いきなり沖へ出て行きます。サオをタメて、岸よりによせて、抜いて受けたのは18cmのメスアユ。オトリを替えて、また、10分間ほどすると、ビューンです。沖へ、対岸へ、また、10分間ほどすると、ビューンです。沖へ、対岸へ、今度はよってきません。流れに乗って、下流へくだるアユについて瀬落ちまでさがる。タルミに寄せてすくい込んだのは22cmのオスでした。以後、30分間ほどドンドン水位があがって釣りにならなくなる。
 2尾で納竿の有田川でしたが・・・・50尾や60尾は可能です。

今日のひと言  尺アユは 釣れないけれど 面白い
             アミ入れナシで 三ケタも可能
[PR]
by kyounomurata | 2009-10-05 15:10


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧