今日の村田満
<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
9月29日 紀ノ川
釣行日  2009年9月29日
県 名  和歌山県 
河川名  紀ノ川 橋本
釣 果  22~28cm 12尾
仕掛け  メガトルク急瀬抜95、メタル0.1号、ハリ9号3本イカリ
水 況  30cm減水

 尺アユが釣れる。というウワサで、あまり知られていない橋本橋下流500mの瀬にやってくる。
 午前9時、中洲左岸へ渡って、素掛けで取った天然オトリ22cmを瀬落ちに送り出す。1時間、ピリッともせず。 
 そのうち上の瀬に釣り人がきて、サオを曲げ出す。掛けてからの取り込み時間が長く、イヤでも目立つ。
 そこで、そこへあがる。すると、コッの小さなアタリで、サオを立てると、ゴンゴン、ギュ-ンです。27cmの大アユが背掛りで、タルミに入れて、弱るのを待って、すくい込む。その27cmをオトリにして、あちこちさぐる。
 入れ掛りはありませんでしたが、1時間に1回か2回アタリがあって、25cm以上の見事なアユが掛ります。
 午後5時すぎまで12尾。紀ノ川で大アユ、尺も出ています。

今日のひと言  見物人 拍手かっさい ヤル気出る
             紀ノ川橋本 近くて便利 (わが家から1時間)
      
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-30 16:38
9月27日 日高川 
釣行日  2009年9月27日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 下流
釣 果  12~20cm 19尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、スピード6.5号4本イカリ
水 況  30cmの減水

 待ちに待った試合が午前7時から始まります。
 24名が長子橋かみすぐの左岸に集合して、養殖オトリ2尾をもらって、ヨーイドンのスタートです。ぼくは迷わず別荘裏へ。誰もいない瀬肩から、順調に1尾2尾3尾と釣っていきます。1時間20分で11尾、午前8時30分にサオをたたんで長子橋へ。まだ終了までに10分間あり、もう1度サオを出してやる。1尾掛る。オトリ2尾こみの14尾で、10位前後はガッカリです。
 第2試合、ヨコゼで、これも1直線に、あやめ橋下流の瀬へ走り込んだのですが・・・・4尾のみ。24名中15位前後です。第3試合は、CDポイントです。5回以上やって、わが庭のごとく知っています。慢心とはこのことか。
 オトリ配った所でやって3尾のみ。順位は20位前後。

今日のひと言  ちろりん会 準優勝ながら 後悔あり
                 全力投球 四球連発

 
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-29 19:48
9月26日 日高川
釣行日  2009年9月26日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 下流
釣 果  12~20cm 23尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、スピード6.5号4本イカリ
水 況  30cmの減水

 27日のチーム対抗戦に釣る為に下見する。
 まずは別荘裏へ。午前8時に降りて行くと、瀬落ちのトロで、泳がせ釣りをしている人が「昨日の夕方1時間18尾だったが、今日は1尾だ。」とボヤく。おい、おい、そんなに釣れたのか昨日は。実際にやってみると、ボンボン、これという所で掛る。明日の試合は、ここまでくる事にする。14尾をあちらこちらで釣る。長子橋も上下を見て歩く、どこでもアユが走る。魚影濃い。
 午後3時、千鳥橋かみへ。浅川、石田、坂本の3名が橋かみ約1kmのチャラ瀬へ行くのと会う。まず、橋かみの瀬で1時間やって3尾。釣り人5名いて、肝心の所はやれず。それではと浅川らの行った上流へ。各自10~15尾釣っていたが、後からやってゼロ。元へ帰って6尾。合計23尾は悪い釣果です。
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-29 19:24
9月25日 日高川
釣行日  2009年9月25日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 下流
釣 果  12~20cm 24尾
仕掛け  トビツキA-95、メタル0.02号、スピード6.5号4本イカリ
水 況  30cmの減水

 27日の日高川でのチーム対抗戦に勝つ為に練習する。
 松瀬の上流のプラント前に入る。午前9時から、養殖オトリを瀬ワキの浅場に出すと、トンと一発掛り。ただキモ掛りで、次のオトリにならず。そのままサカバリを打ち直して出すと、今度は背掛りながら水面上でポロリとハズレる。瀬肩と瀬落ちに釣り人いて、オトリ替わらないまま千鳥橋下流の中洲回りへ。ここで13尾はまずまずの釣果ですが、釣れる所は、へチキワばかりで、何か変です。午後2時から新田橋かみへ。ここで10尾。肝心のテトラ前のトロはやらず。あやめ橋まで釣り登って、瀬ばかりやったのです。合計24尾は、少ない。
 神戸の岩田さん、別荘裏とコロゲで64尾だったとか。

今日のひと言  大釣りは 人より先に サオを出す
               あとあとやれば 少ない釣果
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-29 18:53
9月23日 日高川
釣行日  2009年9月23日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 下流
釣 果  12~20cm 39尾
仕掛け  A-9.5mトビツキ、メタル0.02号、ハリ7号4本イカリ
水 況  平水より30cm減水

 大型連休でアユは釣られてスレている。
 朝9時すぎ、川中地区のCDポイントへ入る。
 森川学さんが降りた目の前のチャラ瀬でやっている。
 20日に6時間で87尾、その後すぐ浅川33尾、内山30尾と2時間の試合で釣ったのです。日高川で魚影の一番濃い所です。そこへ入った森川さん、もちろん入れ掛りです。ぼくと初心者は、あわてて、そのかみのチャラ瀬に立って始めたのですが・・・・残念ながら、なかなか1尾目がきません。「こんなハズではないのに。」と首をかしげました。昼まで3時間23尾、初心者8尾。弁当食べながら回りの人達の釣りを見ていました。釣れているのは、流れのゆるいトロ場です。瀬の方が好きなので、約10km下流の坂本橋へ移動です。ここで16尾と10尾。合計39尾。初心者18尾。

今日のひと言  トロチャラを 釣るのに工夫 しなければ
               減水日高は 相手にされない
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-29 09:04
9月21日 日高川
釣行日  2009年9月21日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 下流
釣 果  13~20cm 16尾
仕掛け  ハンドリングマスター9.5m、メタル0.02号、ハリ7号4本イカリ
水 況  平水

 軍団の大会。第4回戦を一番カズの出たCDポイントでやる。なんと朝いちから釣れず。というよりも前日33尾出たチャラ瀬で、1尾のみ。釣ったら、釣れない公式通りの結果になる。そこをハズした他の所で9尾合計10尾で4位になる。午前7時から9時までの2時間、1位は27尾の坂田さん。前日の夕方、試合中に水泳客がいてサオが入れられなかった平瀬です。第5回戦も同じ所で同じメンバーでやる。今度こそはと、坂野川橋まで、15分間かけて行くと、すでに釣り人2名いて、ゼンゼン釣れません。あわてて引き返したのですが。釣果1尾で6位のドンジリ。1位は25尾の坂田さん。先の試合でサオを入れなかった所を狙ったらしい。午後1時からの決勝戦、松瀬でも坂田さん18尾で優勝。ぼくは5尾で11位でした。

今日のひと言  (坂田選手)三試合 ぜんぶ一位で あら不思議
                トロ場平瀬で どこでも釣れた
            (メタコンポ0.05号でオトリをより遅く泳がす)
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-24 17:30
9月20日 日高川
釣行日  2009年9月20日
県 名  和歌山県
河川名  日高川 下流
釣 果  13~20cm 42尾
仕掛け  ハンドリングマスター9.5m、メタル0.02号、ハリ7号4本イカリ
水 況  平水

 軍団の大会。54名参加する。第1回戦6名で、玄ヤンの瀬で、午前7時30分から9時30分の2時間、釣果5尾で1位。第2回戦、佐井橋の上下で、午前10時半から、2時間、釣果17尾で1位。第3回戦、午後2時半から、2時間、釣果20尾で、当然1位と思う。CDポイントは竹下景子の散歩道があり、釣り人も多かったのですが。
 なんと、浅川進33尾で1位、以下30尾、21尾と続いて、4位になる。「入れ掛りなのに、もっと凄い入れ掛りがあった。」のです。日高川下流、ほとんどサラ場状態で、場所にさえ当れば、三ケタもカンタンに釣れる。
 明日も同じ場所でやりますが、一応、本日サオを入れてサラ場ではありませんから。どう釣るかです。

今日のひと事  学習して 秘策をねって 明日を釣る
               旅館の部屋は イトハリちらかる
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-24 11:46
9月18日 神通川
釣行日  2009年9月18日
県 名  富山県
河川名  神通川
釣 果  15~23cm  95尾
仕掛け  プロト9m、メタル0.03号、ハリ7号4本イカリ
水 況  平水

 前日は下流でやって、本日は上流で、神通川のホントをよく知る事が出来ました。朝、大沢野橋下流のチャラ瀬で、アユがいるかどうか、試しにオトリを出してみました。左岸から、波立ちに引き込んで、ナナメに引くとゴツンです。18cmのメス。抜いて受けて、また釣りたてをオトリにすると、ゴツンです。ただ3尾で終りました。
 今度は、本瀬をやってみます。ガツンです。ポロポロ午後2時までに66尾になりました。下流の早瀬でやっていた同行の森岡達也さん68尾。二人とも弁当食べながら「今日も百尾。」とニコニコです。それから、4時間、暗くなって、川をあがって、アユのカズを読むと、29尾と40尾。合計で95尾と108尾になったのです。最後、一方はチャラ瀬で入れ掛り。一方は荒瀬で苦戦でした。来年この様子はDVDで発売されます。

今日のひと事  神通川 チャラ瀬決まる 三ケタ釣り
                  夕方とくに 超超浅場
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-24 09:20
9月17日 神通川
釣行日  2009年9月17日
県 名  富山県
河川名  神通川 有沢橋下流
釣 果  15~22cm 107尾
仕掛け  プロト9m、メタル0.02号、ハリ7号4本イカリ
水 況  平水

 神通川のホントは、超入れ掛りなのです。が、しかしホントを知る釣り人は、百人来て1人か2人です。
 実際、午前6時すぎから百円橋下流の瀬で釣り始めてポロときたのは20分間してから、15cmの小型が掛ります。
 その15cmをオトリにして、次が来たのは10分間あと。
 入れ掛りになったのは、荒いアミの入らない所へ来てからです。15連発で終わる。昼までに32尾で、とてもじゃないが三ケタはムリと思いました。が、しかし、それから移動した有沢橋下流の中洲回り、チャン、チャン、バラ、バラの出し掛り沈め掛りです。午後5時まで75尾。
 オトリをどこへ持って行っても、瀬、トロ、チャラ、飛びつき掛りになったのです。写真撮りの関係で、日が落ちないうちに終了しましたが、あと15尾はプラスできたと思います。

今日のひと言  ツキもいる 腕がサエても 三ケタムリ
            犬も歩けば 棒にアタルよ(偶然も実力)
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-18 10:56
9月15日 名張川
釣行日  2009年9月15日
県 名  三重県
河川名  名張川 家野
釣 果  15~23cm 32尾
仕掛け  ハンドリングマスター9.5m、メタル0.03号、ハリ7号4本イカリ
水 況  平水
 アユのいる所は石が黒い。
 家野のオクダ化学裏の瀬が、今の名張川で一番よく釣れる。ということで、午前9時にきてみると、どうも川底が白い。製材所裏の瀬の方が川底は黒い。そこで、初心者と黒い方の瀬に入る。波立ち前の瀬肩へ、天然15cmを送り出す。ゴツン。グーで、いきなり掛る。15cmの野アユ。オトリを15cmにして、また同じ所へ。沈めるなりガツン、グーで18cmがくる。ただ、それからが苦戦でした。昼まで19尾。初心者は大石ゴロゴロの釣り場で、行動ニブク6尾のみ。ところが、弁当食べてから、岸よりで釣れ出し、初心者がポロポロ釣り出す。15cm以上20cmまで11尾。ぼくは上流へ行って13尾にしかならず。合計32尾と18尾。地元の辻行雄さん三谷口で42尾。

今日のひと言  釣れてます 名張のホント 30尾
            初心者ベテラン 場所次第(当れば大釣り)
[PR]
by kyounomurata | 2009-09-16 18:05


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧