今日の村田満
<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
8月29、30日  那珂川
釣行日  2009年8月29、30日
県 名  栃木県
河川名  那珂川 中流
「ダイワ鮎マスターズ2009決勝大会」観戦記

 なぜ勝って、なぜ負けたのか。8月25、26日の報知オーナーカップに続いて、29、30日の鮎マスターズの試合を見ました。
 森岡達也と上田弘幸選手が二つの試合に出て、ソコソコの成績を納めたのですが、頂点には立てませんでした。
 どちらか一つにしぼったら、優勝できたのか?
 とにかく、報知は永島寛選手が勝ち、マスターズは瀬田匡志選手が頂点にのぼりました。
 二人の共通点は、中バリの荒瀬釣りをやった事です。
 ワザよりも足で釣った事です。体力にものをいわした。
 それにしても惜しかった。森岡選手マスターズにかけて、三日前、報知も入れると一週間連続で、下見をしたのに。敗因は、自分の釣りが型にはまり過ぎた事。那珂川のシブイポイントで2時間14尾も釣って、次の日0尾。

今日のひと言  ああ無情 朝いち釣れず パアーになる
                   努力はムダか これから生きるか
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-31 13:14
8月25日 益田川
釣行日  2009年 8月25日
県 名  岐阜県
河川名  益田川 朝霧橋下流
釣 果  18~23cm  13尾
仕掛け  グランドスリムIII 9.5m、メタル0.08号、大鮎9号・3本イカリ
水 況  平水

 報知オーナーカップに選手として参加する。
 残念ながら第1回戦で負ける。そこで、大会会場外の釣り場へ。午前11時より、荒瀬の肩で始める。朝霧橋下流約4kmの所です。22cmの天然アユをオトリにして、大石裏へ。出して、サオを立て気味にして、泳がす。10分間ほどして、コツンです。グーと引くのをサオを立てて引き抜く。22cmの良型。口掛り。オトリを替えて、同じ所へ。出したのですが、逆光で見にくいので、左岸から右岸へ渡る。右岸からは、川底も目印もよく見える。
 石の茶色や黒色のところへ、オトリを近づける。コレと思う所で、ガツン、グーのアタリがある。荒瀬の中では、23cmの大型ばかり。午後4時まで、13尾。重たいアユばかりで、満足しました。

今日のひと事  これからも 大アユ釣れる 益田川
                大会優勝 永島寛(地元選手) 
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-27 16:52
8月24日 安曇川
釣行日  2009年8月24日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  12~18cm 80尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水

 午前9時から午後5時まで、8時間で80尾。
 前後1時間プラス2時間やれば、20尾釣れて100尾、になるのでは・・・・それが出来ないかなしさです。
 25日は報知オーナーカップです。益田川で、選手として出場します。25cmの大アユも出るとか。
 純粋に、三ケタ釣りに挑戦できませんが。それでも、高圧線鉄塔の下のチャラ瀬へ。塚原プロと行きました。
 瀬肩に、13cmの天然オトリを出していくと、キラリと白い光が起きて、13cmの野アユが掛ります。その場で抜いて受けて、オトリをサラにしていきます。ポロポロ午後0時30分までに37尾。弁当食べて、昼からは、下流の早瀬へ。ここは15cm主体で18cmも出る。茶色の石を狙うと良型が掛ります。午後5時まで43尾合計80尾。塚原プロは型ぞろいで65尾。

今日のひと言  ハリ合えば バレもケラレも ありません
                    今日はよくても 明日は注意
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-25 09:18
8月21日 安曇川
釣行日  2009年8月21日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  10~18cm 91尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水より10cm高い

 朝から夕方まで入れ掛り。朝44尾と夕47尾。昼の一時間は弁当食べて、サオを持たず。やはりムダをした。前日と同じ常案橋かみ左岸のチャラ瀬で、午前8時から始める。
 前日より釣り人多い。前日より、釣れるアユは小さい。
 当然、アタリもシブイ。なによりも予想とちがったのは、対岸の右岸の方がよくサオが曲ったことです。
 10cmほど水が引いて、水当りのよい右岸側に魚がよったのです。とにかく三ケタ釣ろうと気持ちがあせります。
 午前10時から常案橋下流の早瀬へ。2時間25尾の入れ掛りながら型は13cm平均と小さい。昼からは、チャラ瀬の中の、さらに浅いオトリの背中の出るような所で釣る。
 午後4時まで合計84尾で、それから午後6時半まで、空いた川でガンバッテ7尾の追加でした。残念。91尾。

今日のひと事  今日こそは 三ケタ釣るぞと 安曇川へ
                    8月24日  再度挑戦
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-24 13:15
8月20日 安曇川
釣行日  2009年8月20日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  12~18cm 77尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水より20cm高い

 とにかくよく釣れました。
 常案橋かみのチャラ瀬左岸に初心者と渡って、天然オトリ13cmで始めます。岸より3mで、出すなり掛かって、初心者にバトンタッチ。ぼくはチャラ瀬でポロポロ、午前8時から正午まで4時間で41尾。初心者15尾。
 カンカン照りの昼からは、さらに追いがよくなり、どこでも竿が2時間か3時間入っていなかったら、ガツングーです。午後1時から午後4時まで、3時間半36尾。
 塚原プロが釣ったアユを買取ってくれて、京都まで運ぶのでサオをおく。合計77尾は、23尾プラスで100尾。
 明日こそは、三ケタ達成するつもりです。初心者合計25尾。一ヶ所に粘りすぎです。カズを釣るのは足です。ただ、水が引くとオトリ操作、泳がせの腕になります。

今日のひと言  チャンスきた 三ケタ釣るまで 通いつめ
                  サオイトハリは バッチリ 合わす
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-21 11:50
8月18日 九頭竜川
釣行日  2009年8月18日
県 名  福井県
河川名  九頭竜川 中部
釣 果  15~23cm 9尾
仕掛け  プロトザオ9m、メタル0.08号、キープ8号3本イカリ
水 況  平水

 どうなっているのか。北島鮎大橋かみのセキ上左岸から釣り始めて、セキ下右岸の瀬まで、掛けたアユは10尾以上いたのですが、高切れ、バラシ、キャッチミス、その他で、プラス2尾。午前8時から正午までの4時間。
 昼にあがって、もりいし釣具で、弁当食べながら、釣況聞くと「本日は何処も同じ不調。北島の橋下のトロで、宮代君が10尾。」とか。サオのテストで、森岡君11尾で、23cmどまり。川にアユはいるのに釣れません。
 午後は1時半から、飯島の瀬へ。大岩回りの荒瀬で、高切れ2回、バラシ5回、キャッチミス3回で、プラス7尾でした。三ケタどころか、二ケタ釣果に、サオの比較テストは、さんざんでした。せめて、50尾のアユを釣り上げなければ、ほんとうの性能比較できません。

今日のひと事  バカにした 九頭竜こわい 強いアユ
                   サオイトハリを かえて出直し
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-20 10:15
8月17日 九頭竜川
釣行日  2009年8月17日
県 名  福井県
河川名  九頭竜川 中部
釣 果  13~20cm 38尾
仕掛け  プロトタイプ9m、メタル0.03号、マルチ7号4本イカリ
水 況  平水

 久しぶりで、カズの出る鳴鹿エンテイ下流約500mの幼稚園前の瀬に入る。午前10時から約1時間、アタリなし。アタリのあるのは、石の美しい、2,3時間サオの入ってない所なのです。それが分って、午後1時までに15尾。同行の林順二さん、瀬でなく、そのかみのトロで14尾。ぼくの釣ったアユより、ひと回り大きい。
 昼からも、ぼくは瀬でやり、林さんはトロ場を攻める。 
 午後6時まで、23尾と30尾、つまり合計38尾と44尾。
 林サンはカズも型も勝ったのです。
 もりいし釣具店に帰ってくると、28cmの大型が北島付近でボンボン釣れていると、見せられる。
 明日は、大型狙い。キープ8号の3本イカリを買う。
 水中糸も0.05号以上のメタルにするつもりです。

今日のひと事  三ケタ釣り ムリと分って 型狙い
                     トロ場泳がせ 一日30尾か
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-18 13:43
8月14日 安曇川
釣行日  2009年8月14日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 朽木
釣 果  13~18cm 26尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.03号、マルチ7号4本イカリ
水 況  40cm高で濁りあり。昼から済む。

 前夜からの雨で濁りが出る。支流の北川は澄んでいたが。1日からヒッカケが入って魚影うすい。1時間ほど、釣り場さがしで、あちらこちら見て回る。何処も同じ釣り人の多い割にサオが曲がっていない。午前10時、いつもの古川下流のガケ下右岸へ。入ってすぐ、チャラ瀬の肩で11連発。これは釣れると喜んだら、上流にも下流にも釣り人が来る。悪い事に同行の初心者が引き抜き失敗して、オトリ根掛りさして、仕掛け張り替えする。
 午後3時まで、出足の好調な割にカズがのびず20尾。
 初心者6尾で、場所移動する。
 船橋上下流の花火大会会場へ。ガードマンがいて、朝から車入れず、サラ場、初心者8尾、入れ掛り。ぼくは6尾。1時間やってあがる。合計26尾。初心者14尾。

今日のひと事  濁りあり 釣り場大石 簡単だ
                 平瀬とトロが ドンドン釣れた
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-15 16:26
8月11日 安曇川
釣行日  2009年8月11日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 朽木
釣 果  10~18cm 33尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
                        マルチ6.5号4本イカリ
水 況  平水より20cm高い

 午前9時に古川エンテイ下流約1kmの平瀬に降りていく。釣り人は、上流に1名、下流に2名いました。初心者が、この平瀬の三角形の波立ち、つまり瀬肩でやりたい、と言うのできたのです。やり出して30分間ピリッともせず。天気は曇り、水況は高水で、コケのつきもよい、水温も20℃あります。なぜ、追わないのか。そのうち、上下の釣り人はいなくなり、のびのび好きな所をやれるようになります。午前10時、しものチャラ瀬で、コツンです。これは13cmの白いアユが掛る。オトリを替えて出すと、また、ゴツンです。これは15cmの黄色アユ。オトリを15cmにすると、ズコンで18cmがくる。入れ掛りとまではいきませんが・・・・初心者に釣りたてのアユをオトリ替えてやると、ようやく調子がでてきました。夕方まで三角波で14尾。初心者としては上出来でした。

今日のひと事  釣れるのは 場所と時間で かわります
        北川出合で 44尾(これまで釣れていませんでした。)
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-14 11:04
8月7日 安曇川
釣行日  2009年8月7日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬 常案橋
釣 果  10~18cm 84尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリと
                       マルチ6.5号4本イカリ
水 況  平水より20cm高い

 釣ったアユを買ってもらえないとヤル気がしない。
 そう言ったのは、前日、31尾の釣果で12匹しか買ってもらえず、2,400円のアユ代金にブウブウの初心者です。
 売れるアユ、つまり15cm以上の良型を釣る、と、本日は意気込みます。午前9時、チャラ瀬の肩に、ヒザまで立ちこんでやり始めます。前日は岸からでした。流芯の方が大型が出る、と分かったからです。その初心者、夕方の6時まで、入れ掛りでした。ただ、タメヨセヌキがうまくやれず、ミスとロスが20回以上で、釣果41尾。大半が15cm以上の良型でした。
 一方のぼくは、昼まで34尾、昼から50尾の合計84尾でした。三ケタももう少しガンバレば達成できたハズです。
 ミスは受けそこない。ロスは途中バラシ。

今日のひと言  常案橋 チャラ瀬にいるよ 追うアユが
                      同じ所で 一日やれる
[PR]
by kyounomurata | 2009-08-10 15:24


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧