今日の村田満
<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
7月27日 安曇川
釣行日  2009年7月27日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川支流 北川
釣 果  18~22cm 9尾
仕掛け  Aライト9m、メタル0.03号、マルチ7号4本イカリ
水 況  本流は50cm増水。

 雨はいや、晴れてくれ。京都の六角堂で、9mのサオをのばし持って、交差点に立つ。やがて、チュートリアルの福田がゲタばき着物姿で現れる。こちらは、スリムウェーダーベストのアユスタイル。変なオッさん、アユ名人とちがうのかで、安曇川朽木へ。30分間しか現地川での撮影時間がない。という事で、支流北川の上流へ。ほんとうはお手上げなのですが、アユ師の意地でチュートリアルにアユを釣らすぞ!です。とにかく、上流のセキ下へ、午前11時から、カメラ4台で撮影開始です。オトリを出すなりガツンで18cmがくる。取り込んで、福田にオトリを替えて、サオを渡す。福田もすぐにガツンで20cmの良型を掛ける。引き抜きで、ストンと福田がひっくりかえって、なんとかアユはツケ人が飛んできたのをすくう。

今日のひと事  ヤレヤレで 福田は2尾 釣りました
                    ぼくはあとから 9尾にする
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-28 11:44
7月26 日 安曇川
釣行日  2009年7月26日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  13~18cm 11尾
仕掛け  トビツキA-95、メタル0.02号、マルチ6.5号4本イカリ
水 況  午後2時より濁流。

 馬瀬川のマスターズが8月5日に延期になり、大阪に帰ってきて、安曇川へ。27日の下見。チュトリアルに友釣りをさす朽木の場所は、そのまま温存しておいて、塚原プロと広瀬へ。常案橋のチャラ瀬へ行くと、20名ほどがズラリとサオを出しています。本日はシマノの実釣会。
 小倉兄弟に中里さんが参加者に教えていました。何か好調のようです。そこへ我々がはいるわけにもいかず。
 昌山建材の裏へ。午前11時から午後1時まで、15cm前後11尾。2時間の釣果としては、良くもないし悪くもない。塚原さんも同数で、弁当食べて、常案の講習会の後をやろう、と。車までもどると、ドシャ降り、上流から濁りが出て釣りにならず。明日はテレビ、水が澄めばチュンチュンの入れ掛りになるぞ!

今日のひと事  運命の 明日の撮影 どうなるか
                  ぼくにはツキが あるのかないのか
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-27 09:55
7月23日 安曇川
釣行日  2009年7月23日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 朽木と広瀬
釣 果  13~20cm 27尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水。

 冒険チュトリアルの番組、27日に撮影します。朽木の古川下流でやるつもりで、午前11時そこへ。プロデューサーらと判断して、広瀬へ。常案橋で、塚原プロとやってみる。午後2時~5時まで、塚原プロ25尾、ぼくは20尾。
 ここの方がよく釣れる。21日の時とくらべて、アユの追いがよくなりました。一日やれば50尾ぐらいにはなりそうです。ただし、釣れ出して2日目です。3日目や5日目ではどうなるのか。だんだん釣況がよくなれば、アユはいるのですから、三ケタ釣りになるかもしれません。
 塚原プロにお願いして、24、25、26日、朽木と広瀬の釣況を比較しておいて、当日行く方を決めます。
 ぼくは24日広島、25、26日は岐阜です。

今日のひと事  タレントに アユを釣らして 面白い 
                    テレビ出演 うまくやれるか
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-24 13:16
7月21日 安曇川
釣行日  2009年7月21日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  12~20cm 25尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水より10cm高い。

 大阪がドシャ振り、安曇川広瀬はシトシトの降り。
 午前11時にユンボの瀬へ。チャラ瀬の肩へ養殖オトリを出すなりコツンです。15cmの黄色いアユが掛かってきます。釣りたてをオトリにして、ナナメに引いていくと、またゴツンで18cmがきます。入れ掛りか、と思ったら、それからが大変で、あちらこちらセキ下の荒瀬まで釣りあがります。2時間12尾。午後1時、弁当食べていると監視員が来て「ここで7時から10時までに21尾釣って帰った。」と。「ええ、やり後をやっていたのか。」です。
 この後、2ヶ所を回って、午後6時までに13尾追加。
 合計25尾は多い方の釣果です。なぜ、70尾も80尾も釣れないのか。アユの密度がうすいのか。アユに追い気がないのか。水況もコケづきも良い。不調の原因は不明。

今日のひと事  ここでやる 広瀬こいしや 三ケタ釣り
                     夢夢夢で 今日も終わった
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-22 17:35
7月20日 安曇川
釣行日  2009年7月20日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 朽木古川
釣 果  12~20cm 24尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水。

 連休前と連休最後の日では、アユの釣れ方は2倍差がある。午前9時、船橋かみ500mの中洲回りに入る。
 養殖オトリ15cmを分流の浅い流れに沈めて、引き上る。
 ピリッともせず。中洲からかみの本流で、ようやく1尾くる。15cmで、オトリを替えて、本流を釣りあがって、1時間4尾。釣れるアユはうすい。あちらこちらで釣り人立っているが、パットせず。昼前、古川の釣れる所へ。 
 2時間で12尾。びっくりは、サオを曲げて、取り込みをしていると、遠くからでも釣り人のくる事です。やはり連休は、あまり良くないのです。釣れる所でやりたいのでしょう。午後3時、水管橋しもの平瀬へ。5人やっていましたが、空いた所でやる。午後6まで7尾。
 合計24尾は一般的な普通釣果です。

今日のひと事  テレビやる 下見の為に 釣りをする
                    雰囲気第一 釣果は二の次
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-21 18:33
7月17日 安曇川
釣行日  2009年7月17日
県 名  滋賀県  
河川名  安曇川 朽木古川
釣 果  12~20cm 40尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水

 古川にアユいない。午前9時、駐車場しもの荒瀬にオトリを沈めると、ドカンです。いないハズのアユがいて18cmの良型がかかる。オトリを替えて、5mほどしもの黒い石にオトリを近づけると、またゴツンです。2尾目も18cmでよく肥えていました。3尾目は右岸側の岩盤できましたが、やはり魚は少ない。水管橋へ移動しよう。
 とサオをたたみかけていると、見回りの監視員がきて「すぐ下流のチャラ瀬で40尾ほど出た。」と教えてくれました。午前10時、そこへ行くと、オトリを出すなり15cmが掛る。これはとオトリを替えて、場所をズラシながら釣って行くと、ポツポツくる。正午まで12尾プラス。 
 昼からも下流の早瀬まで釣りさがって25尾あげる。
 合計40尾は今の安曇川としては上出来である。

今日のひと事  釣り場まで 行くのがつらい 好い所
                    車よこづけ 釣り荒れ早い
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-21 17:58
7月15 日 安曇川
釣行日  2009年7月15日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  12~18cm 34尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水。

 石にコケもつき、水も透明、水温も20度あり、ボチボチ三ケタが出てもよいのでは・・・・そう思いながら常案橋かみのチャラ瀬に入ります。左岸から、チャラ瀬、平瀬と釣り上がって、トロでようやくコツンとくる。15cmの小型。100mほど釣りさぐっての1尾でした。結局4時間やって14尾でした。う~ん。少ない。
 午後から昌山建材裏の瀬肩で、2時間8尾。
 何処でも、誰でも、アユは釣れますが、例年ほどには釣れません。夕方、ユンボの瀬で7尾、そのしもの平瀬で5尾の合計34尾でした。午後7時に終了。10時間サオを持っての成績でした。

今日のひと言  面白い 今度今度で また広瀬
                  いくらか釣れて イライラつのる
             
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-16 11:06
7月13日 長良川
釣行日  2009年7月13日
県 名  岐阜県
河川名  長良川 郡上
釣 果  13~21cm 38尾
仕掛け  プロト竿9.5m、メタル0.03号、F-1 7.25号4本イカリ
水 況  30cm増水。

 午前7時に郡上八幡の白滝オトリ店に集合。来年用のサオのテストです。
 サオで野アユを掛けるのがトビツキのAで、腕で野アユを追わすのがコントローラのTです。
 前回日高川での90についで、今回は長良川で95のテストです。バレない快適な釣りができます。90の時は「もう暴れません」でした。今度の95は「これは名竿になる。」でした。
 朝、釜淵橋下流で、2時間やって、4尾。午前10時から釜淵橋上流の大会会場で1時間半で7尾。森岡、有岡も調子づいてくる。プロトのサオがフシの入れ替えで、引きやすく抜きやすくなったからです。午後からは、さらに組み合わせに磨きがかかって、バレもなくなる。午後5時半までに27尾。21.5cmも出る。合計38尾。

今日のひと言  わが会友の 早掛け負け(高尾 敬一 16対16で一尾早掛けで名人になれず。Tコンでやれば勝てたハズ。)
              スポニチの 名人戦もここでやる
                 
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-15 13:46
7月10日 安曇川
釣行日  2009年7月10日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  12~18cm 34尾
仕掛け  A-95トビツキ、メタル0.02号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  20cm 増水
 
 誰が一番最初に三ケタを釣るか。広瀬地区の常安橋や両台橋の近くで、流れにもぐってアユを見ると、ものすごいカズがいる。ただ、病気で追わないだけ、もし直った時は・・・・三ケタが釣れる。というわけで、本日も昌山建材の裏の瀬に入る。いきなり3連発。これはと喜んだものの魚体が細い。15~18cmながら元気がない。
 瀬だけでなく、トロ場も、次の瀬肩も瀬も300mほど釣り歩きました。昼まで22尾。ここで、ドシャ降りの雨になり川は増水です。とたんに釣れなくなります。午後3時頃から常案橋へ。ここでもハミアトあるのに釣れません。佐野組長わざわざ来て「20日すぎて水温あがれば追い出す。それまでの辛抱」と、広瀬不調の現況を説明してくれました。合計34尾は良い方です。

今日のひと言  暑いけど 雨に濡れたら 寒くなる
                   これではまだまだ 本番遠い
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-13 11:57
7月9日 安曇川
釣行日  2009年7月9日
県 名  滋賀県
河川名  安曇川 広瀬
釣 果  13~20cm 19尾
仕掛け  Aライト9m、メタル0.03号、エアースピード6.5号4本イカリ
水 況  平水より10cm高い。

 今年の広瀬は、昨年と比較して、アユは少ない。そのかわり良型で、20cmも出ます。釣り場として、瀬の強い流れが良い。と、いうことで、午前8時に、ユンボの瀬へ。瀬落ちに養殖オトリを沈めて、待っていると、ドカン。ギュ-ンとサオがしぼり込まれる前にプッン。メタル0.02号の高切れ。そこでメタル0.03号にする。これで切れは無くなったものの3時間、午前11時までに7尾。
 正午から常安橋かみのチャラ瀬で、5時間やって、12尾。合計19尾でした。なぜ、広瀬のアユは釣れないのか。
 よく分ったのです。川底の石にコケがつかないから。ツルツル滑るコケがつけば、アユは入れ掛りになるが、今はサラサラの薄いコケしか石についておりません。

今日のひと言  エサがない ヤル気もないよ ハラへった
                     日照がほしい 雨は十分
[PR]
by kyounomurata | 2009-07-10 11:03


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧