今日の村田満
カテゴリ:未分類( 284 )
配信休止のお知らせ
「今日の村田 満」をご覧いただいた皆様へ

2011シーズンは当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。
お陰さまで5月より7ヵ月間に亘り、各地の皆様に数多くのアクセスをいただきました。
今年もはや師走、今回は配信休止のお知らせです。
さて、今シーズンの釣行=投稿は98回を数えました。9月の台風による大雨で釣行出来ない日が続きましたが、筆者村田はその後、周辺の釣り場を探しながらも友釣りをしました。
そして、またこの夏も、来シーズン用のテストロッドを構え、この完成度をあげるために、遠方の釣り場へと走りました。その2012新竿も楽しみです。
鮎釣りファンの皆様、本当にありがとうございました。
重ねて御礼申し上げます。
では、来シーズンも熱い「今日の村田 満」にご期待下さい。
2012ブログ解禁でお目にかかれますように。
                          編集者 S
[PR]
by kyounomurata | 2011-12-13 13:00
12月10日 有田川
釣行日  2011年12月10日 
県 名  和歌山県 
河川名  有田川 
釣 果  なし
仕掛け  
水 況  平水     

 12月11日が再解禁なので下見に行く。
 宮原橋下流のボンボリの瀬も、その下流のセキ下の瀬にもアユは見えず。鳥もおらず。川底も雲っている。
 平成23年のアユは完全終了です。ありがとうございました。
 せっかくだから、唐尾の波止へ行く。キビレ釣りの人達が3名やっていました。小グレやアジはどうか。
 正午すぎからやってみました。
 アミエビまくと、海中が黒くなるほど魚が浮いてきます。沖アミのエサでやると、ウキはスポスポ。引き込まれる割には釣れず。午後4時まで、アジ23尾に小グレ15尾でした。アユザオ9mでやったので、ドンクサかった。
 実のところ、8日も切目で、ヤエン釣り、アオリ3バイでした。


今日のひと言 
 グレにアジ アユに替わって サオ曲げる
  海は広いが 釣り場少ない(だから釣れる情報が大事)
[PR]
by kyounomurata | 2011-12-12 14:56
12月6日 宇治川
釣行日  2011年12月6日 
県 名  京都府 
河川名  宇治川 
釣 果  ハエ12~15cm 111尾
仕掛け  ハエ竿45 ハリス0.175号 ハエ2.5号 ネリエ
水 況  水温高く食い活発     

 有田川の水が濁っていて、友釣りで釣れるか、どうかわからない。昨年は、稚魚の流下量が例年の10倍、今年は公表するほどではないとか。12月11日の再解禁には、濁りがとれなくてもやってみますが。アユはいるハズ。
 心配してもはじまらないので、今日も宇治川へハエ釣りです。京都宇治駅から、歩いて20分の白川浜かみの吊り橋へ。午前10時でしたが、右岸の河原に降りて、同行の塚原さんと橋しものトロで始めます。
 先に3名サオを出していましたが、ポロポロ釣れています。びっくりは、岸よりの浅い所にまでハエがいる事です。マキエをして、ウキを流すと、スポスポ、アタリます、スレていて、なかなか、ハリに掛りません。


今日のひと言 
 三ケタごえ 四時までかかる 六時間
  シズは4段 ハリスは12センチ(塚原さんに教えてもらう)
[PR]
by kyounomurata | 2011-12-07 17:40
12月4日 宇治川
釣行日  2011年12月4日 
県 名  京都府 
河川名  宇治川白川浜かみ 
釣 果  ハエ13~15cm 45尾
仕掛け  ハエ竿40 道糸ハリス0.3号 ハエ2.5号 ネリエ
水 況  平水     

 やめたくない。最後に水の澄んだ本流のアユを釣りたい。12月10日前後になるのでは‥‥和歌山有田川の話。
それまでに、宇治川のハエ釣りに行ってきました。
 まず3日、塔ノ島の関西放水口まわりの瀬ワキがよいのではないか、でやってみる。朝霞橋の上から観察しても、いかにもハエがおりそうでしたから。外観も情報は大ちがい。4日も、そのかみの白川浜でやってみる。ゼロ。ゼロ。
 日曜日で、釣り人が50名ほどいて、サオが曲っているのは、白川浜のかみの吊り橋附近でした。
 右岸側の河原のある表側に集中していましたから、工事中で行きづらい裏の左岸側へ。瀬肩のかみのトロで、午前11時から午後2時までの3時間45尾。15.7cmが最長寸。


今日のひと言 
 つらん会 月例会で 第4位
  トップ16(センチ) 今年は小さい(他の会で18センチ出たとか?)
[PR]
by kyounomurata | 2011-12-05 09:40
11月27日 熊野川支流
釣行日  2011年11月27日 
県 名  和歌山県 
河川名  熊野川支流 赤木川 
釣 果  12~22cm 43尾
仕掛け  エアーT90 メタル0.05号 エアスピード6.5号4本イカリ
水 況  平水     

 赤木川の入口に、アユが踏むほどいる。
 その情報で、午前8時に、沈み橋に着いて、流れをのぞくと、ナニもいません。本流との合流点まで、500mほど、スリムウェーダーをはいて、見て回ったのですが。
 一夜にして、アユは消えるのか。
 笑います。ボンボン、アミをやっていました。
 午前10時、アミ打ちの人がいなくなり、友釣りやりました。正午まで、2時間23尾で、15cmの小型ばかりです。
 そこで、他の支流を見て回ったのですが。
 やはり、結論として、赤木川にしか、友釣りで釣れるアユはいない、という事です。168号線のかみで、大型20cm以上を20尾追加、合計43尾は不満の釣果です。


今日のひと言 
 このままで やめる気はない 今シーズン
  三ケタを釣って スカットしたい(当たればカンタン)
[PR]
by kyounomurata | 2011-11-28 10:03
11月23日 北山川
釣行日  2011年11月23日 
県 名  和歌山県 
河川名  北山川小船(宮井合流点かみ) 
釣 果  12~18cm 13尾
仕掛け  T中硬硬95 メタル0.02号 エアスピード6.5号4本イカリ
水 況  20cm増水     

 午前7時に、みこし川入口に降りて行く。
 19日の時は、大石にも小石にも茶色のコケがついていたが、本日は白い地肌が出ている。白川状態。
 アユとゴミは持ち帰りましょうーの看板―放流地点から、釣り登る。1時間やって、ゼロ。大塔川入口へ。
 ここで、1時間やって、15cmを2尾。白川状態。
 上流の岩盤地帯まで走って、流れをのぞくが、アカはついていてもアユは見えず。う~ん。
 ここまで来ながら、手ぶらでは帰れません。そこで、北山川の小船のチャラ瀬へ。昼から、4時間、広いチャラ瀬と広いかみのトロをやって、11尾。合計13尾でした。
 第一級の釣り場、第一級のサオで、三ケタを楽しむつもりです。


今日のひと言 
 負けおしみ 腕は一流 ヤル気ある
  犬も歩けば 棒に当るか
[PR]
by kyounomurata | 2011-11-24 16:47
11月19日 三越川
釣行日  2011年11月19日 
県 名  和歌山県 
河川名  三越川(十津川の支流) 
釣 果  18cm 1尾
仕掛け  競技T中硬硬95 メタル0.02号 エアスピード6.5号4本イカリ
水 況  大増水、赤濁り     

 みこし川の入口に入る。
 その前に、大塔川の入口で、自分の前日釣った友缶をいかして置いて流す。淵の中に浮いているのを、首まで漬って取りに行く。全身ズブぬれで、前途多難を思う。
 とにかく、大村屋の主人に案内してもらって、みこし川へ。ドシャ降りの午前9時から始める。11時まで、濁りの中で、18cmの白いオスが1尾のみ。
 こんな浅くて、広い流れの続く川があったのかです。
 釣果は1尾でしたが、まともな時に来てやれば、20尾や30尾にはなるでしょう。11月末の本命河川か?


今日のひと言 
 入れ掛り やってやめたい みこし川
  アユはわんさか 流れを走る
[PR]
by kyounomurata | 2011-11-22 14:36
11月18日 北山川
釣行日  2011年11月18日 
県 名  和歌山県 
河川名  北山川九重の瀬 
釣 果  16~22cm 24尾
仕掛け  競技T中硬硬95 メタル0.02号 スピード6.5号4本イカリ
水 況  平水     

 11月でも、まともに追うアユはいる。
 九重の瀬におりて、右岸の瀬落ちの大石の前から始める。18cmのメス、3日前に釣ったものです。3日間休ませているハズですが、午前8時から30分間アタリナシ。ポイントの石は雲っている。
 かみの瀬の波立ちへ引きあがってくると、石の色が明るい。コレは、と思うと同時に、ガツン、グーとサオをしぼり込む。予想外に→グイグイ、しもへ引く。
 30mほどさがって、ゆるい流れの中から引き抜く。
 白い18cmのオスでした。オトリを替えて、瀬の波立ちに沈める。ガツン、グー。こうして、9尾釣る。釣りきりとみて、右岸から、瀬肩を渡って、左岸へ。ここで15尾。高切れ2回、バラシ2回。


今日のひと言 
 30回 アタリがあって サオしぼる
   ハラドキ興奮 ブチカマサレタ
[PR]
by kyounomurata | 2011-11-22 10:26
11月15日 北山川
釣行日  2011年11月15日
県 名  和歌山県
河川名  北山川宮井合流点かみ 
釣 果  13~22cm 34尾
仕掛け  T中硬硬95、メタル0.02号、エアスピード6.5号 4本イカリ
水 況  平水。 

 九重の瀬で、2時間23尾。小船のトロで、5時間40尾。
 こんな情報を聞かされて、放っておくわけにはいきません。走りました。フロをしまって、すぐにです。
午前6時半、川湯温泉の大村屋に着いて、オトリ2尾を借りて、宮井合流かみの左岸へ。
 7-12時、広いチャラ瀬から、コケのよく付いた中石のトロをさぐって、13尾でした。情報源の大村屋の主人、右岸の瀬ワキで、3尾のみ。前日と大ちがいの不調です。
 さて、それからです。赤木、大塔、四村とサオを入れ回って、某所で、黄色アユの21連発に会います。
 盛期のアユ以上に、ドカン、ギューンと大アタリの大暴れです。往復500㎞の日帰り、十分報われました。


今日のひと言  
  アユ資源 ムダに使われ たれ流し
   ここで友釣り 男をあげたい(小さなロマン)
[PR]
by kyounomurata | 2011-11-16 11:37
11月12日 熊野川支流
釣行日  2011年11月12日 
県 名  和歌山県 
河川名  熊野川支流赤木川赤木橋下流 
釣 果  13~20cm 32尾
仕掛け  T中硬硬95 メタル0.02号 エアスピード6.5号 4本イカリ
水 況  平水にもどる     

 夏がきた。
 朝から暑い。気持はあせる。北山川の九重の瀬は水が引かず。その上流の瀞大橋まで登って、橋の上下を見ても、石の色が曇っている。
 宝の山に入りながら、サオを出せず。
引きかえすわけにもいかず。支流赤木川の沈み橋で始める。
 午前9時、橋かみのチャラ瀬の肩へ、オトリ16cmを出すなり、コツンです。16cmの白いメスが掛る。ふつうなら入れ掛りですが。オトリ替わっても、次がこず。1時間3尾。日はカンカン照りで、水温も17度ある。橋しもへ。ここで10回追って、半分バレる。スレている。
 昼から、赤木橋まで登って、合計32尾になる。


今日のひと言 
  赤木川 ほんとのところ サオ銀座
   サオ抜け3日 まともに追うよ(毎日やるから釣れない)
[PR]
by kyounomurata | 2011-11-14 14:22


by kyounomurata
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧